オンラインサービス利用者の70%以上が該当
「サイレントカスタマー」の救済方法とは?

オンラインサービスの強化策を講じる中で、
このようなお悩みを抱えていませんか?

サイレントカスタマーを
 
放置してはいけない3つの理由

サイレントカスタマーを救済すると、どのようなメリットがあるかご理解いただいたかと思います。
では、もしもサイレントカスタマーを放置した場合はどのような事象が発生するのでしょうか?
問い合わせ人数×20倍の顧客がサイレントカスタマーの場合、LTV費用5万だとすると億単位の損失が発生!
もしも不満をSNSで拡散されたら?炎上すれば大きなリスクに。
カスタマーの後ろには潜在顧客が10人いると言われています。たった1人のサイレントカスタマーが不満を知人に伝えたら…。

サイレントカスタマーを救うと
リピート購入率が高い!?

問い合わせを増やしたくない、クレーマーにならないなら良いのでは?いうご意見もあるかもしれません。
しかし、不満を持った後、良質なカスタマーサービスを受けた人のリピート購入率が高いという事実をご存じでしょうか?
つまりサイレントカスタマー救済は売上向上に直結します!

サイレントカスタマーの行動予測サービス
「KARAKURI rescue」について

ECサイトやネット証券などのオンラインサービス利用時に、「ログインできない」「手続き方法がわからない」といった疑問・不満を抱くことで “利用を諦めてしまうカスタマー” の行動・傾向を予測し、購入までのスムーズな顧客体験を提供するサービスです。チャットボットなどの会話データや各サービスの特徴に合わせた行動データなどから、カスタマーのボトルネックが発生する箇所をAIが分析・予測し、最適なご案内をいたします。
業界初のサイレントカスタマー行動予測サービス「KARAKURI rescue」については、こちらよりお問い合わせください。

お問い合わせ

日中ご連絡がつきやすい電話番号をご入力ください

アップロードしています。少々お待ちください。