hacomonoが、デジタルチャネルの拡大にKARAKURIシリーズを導入

2024.3.11

~全国5,000店舗以上のフィットネス、運動スクールの利便性向上に寄与~

カスタマーサポートDXを推進するカラクリ株式会社(東京都中央区:代表取締役CEO 小田志門、以下「カラクリ」)は、ウェルネス/運動設向け施オールインワン・マネジメントシステムを提供する株式会社hacomono(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:蓮田健一 以下「hacomono」)の顧客対応チャネルとして、カスタマーサポート特化型AI「KARAKURI」シリーズを2024年1月より導入したことをお知らせします。本導入により、全国5,000店舗以上のフィットネスやスクールの店舗スタッフからの問い合わせに24時間365日体制での回答が可能となります。

■「KARAKURI」シリーズ導入背景

急成長中のスタートアップだからこそ「自動化」により顧客体験向上を強化

hacomonoはリアル店舗における予約・決済や入会手続きがお客さま自身のPCやスマートフォンからオンラインで完結し、店舗での事務手続きや支払い手続きが大きく削減できるクラウドサービスです。2023年上半期には日本経済新聞社の資金調達ランキングでTOP20に入るなど、SaaS企業の中でも注目を浴びており、導入店舗数は前年比273%と急増しております。導入企業数の増加に伴い、カスタマーサポート部門の組織拡大も並行で行う必要がありました。そこで、顧客の問い合わせに対する自動返信の強化が可能な「KARAKURI chatbot」「KARAKURI smartFAQ」を導入する運びとなりました。

                        hacomono様の導入店舗数推移のグラフ

■「KARAKURI」シリーズの活用方法について

スピーディかつ高い満足度の対応を目指す

hacomonoでは、問い合わせに対してスピーディかつ顧客満足度の高い対応を目標に掲げ、導入企業のサポートを行っていますが、導入企業数の増加に伴い問い合わせも急増しており、目標達成が年々難しくなっています。今後も導入企業数が増える中で、よりスピーディにきめ細かな対応を実現していくためKARAKURIシリーズを活用し、問題解決における顧客体験と信頼性の向上を実現いたします。

【顧客向け対応】

24時間365日体制の対応を実現

KARAKURI chatbotは、人同士のような感覚でAIと会話を行い、高い精度での自動応答を可能にします。チャットボットによる24時間365日のリアルタイム対応で利便性を向上させ、一層の顧客体験価値向上を目指します。

FAQとの一元管理が可能

従来サービスは、FAQとチャットボットを利用した場合に、データが二重管理となり、オペレーター側の運用負荷が問題となっております。「KARAKURI chatbot」+「KARAKURI smartFAQ」は、ナレッジを一元管理できるのはもちろん、ノーコードでAIの学習やFAQのレイアウト変更が簡単に実施できます

株式会社hacomono サポート部 鈴木大祐さまコメント

弊社サービスを導入いただく企業様が増え、お問い合わせも増える中で、対応人員の増強と並行してお客様の自己解決の機会を増やすことを目的にAIチャットボットの検討を開始しました。比較検討においては、お客様にとっては便利さとわかりやすさ、弊社にとっては簡単でメンテナンスのしやすさを重視しました。

その中で、カラクリ社の製品は、検索性能が高く、チャットボットとFAQサイトともに回答画面が見やすいという印象を持ちました。また、管理する側としては、チャットボットとFAQのナレッジを一元管理できる点や、AIがトレーニングを適切に提案してくれる点など、メンテナンスのしやすさが最大の魅力となり、導入を決定いたしました。

お客様の問題をスムーズに解決できるサポートを提供し続けることが目標であるため、KARAKURIシリーズの導入はゴールではなく、目標達成のためのスタートと考えております。そのため、お客様のご利用状況やお問い合わせ内容等を踏まえて、FAQの充実化や回答内容のブラッシュアップなどを行い、お客様により満足いただけるサポートを提供できるよう引き続き努めてまいります。

■株式会社hacomono 会社概要

hacomonoは「ウェルネス産業を、新次元へ。」をミッションに掲げ、テクノロジーの力で、より良い社会につながる日本の健康課題解決に貢献する事業を推進しているバーティカルSaaSスタートアップです。2019年3月より、「hacomono」の提供を開始。「hacomono」は、入会・予約・決済などの手続きをDXし、顧客体験を高めるソリューションとして、これまでに5,000店舗以上が導入しています。

住所東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル5F
設立2013年7月
代表者代表取締役CEO 蓮田 健一
事業概要ウェルネス/運動施設向けオールインワン・マネジメントシステム「hacomono」の開発・提供
URLhttps://www.hacomono.jp/

会社概要

カラクリは「カスタマーサポートをエンパワーメントする」をブランドパーパスに掲げ、大規模言語モデル(LLM)のカスタマーサポートへの実用化を目指した事業を展開しています。2018年よりtransformerを用いた言語モデルBERTを、2022年からはGPTを含めた大規模言語モデルの研究を実施。主力ビジネスである高精度AIチャットボット「KARAKURI chatbot」は、高島屋、SBI証券、セブン-イレブン・ジャパン、SmartHRなど各業界のトップランナーに選ばれつづけています。2018年のICCサミット「スタートアップ・カタパルト」に入賞、2020年に「Google for Startups Accelerator」に採択、2023年に「AWS LLM 開発支援プログラム」に採択されました。

住所〒104-0045 東京都中央区築地2-7-3 Camel 築地 II
設立2016年10月3日
代表者代表取締役CEO 小田 志門
事業内容カスタマーサポート特化型AI「KARAKURI」シリーズの開発・提供・運営など 
URLhttps://about.karakuri.ai/

▶ 本件に関するお問い合わせ先

カラクリ株式会社: 広報 堀之内
E-mail: pr@karakuri.ai